グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  病院案内 >  理事長あいさつ・院長あいさつ

理事長あいさつ・院長あいさつ


理事長あいさつ

医療法人社団庄和会は1983年に開設した庄和中央病院を中心に、介護老人保健施設きんもくせい庄和、居宅介護支援事業所を運営しています。

私どもは、35年以上にわたって地域に根ざした医療機関として、地域住民の皆さんが健康な生活を送れるよう、医療・看護・介護を実践してきました。

近年、地域の高齢化が進む中で、庄和会は三者が一体となって、地域包括ケアシステムの中心として、地域の医療機関の介護施設、介護事業所とも連携しながら、地域住民の皆さんが住み慣れた地域で、その人らしい生活を送れるよう力を尽くしていきます。
庄和中央病院 理事長:渡邊 真司

院長あいさつ

当院は、春日部市東部地区を中心に、杉戸町、野田市、松伏町、宮代町を医療圏とし、急性期医療を中心とした地域の中核病院として、地域の皆さんの病気の治療だけでなく、病気の予防や早期発見、健康管理をサポートするための病院づくりを進めています。

当院は、診療所の先生や獨協医科大学埼玉医療センターやがん研究センター東病院、春日部市内の高次病院とも連携し、「地域の皆さんが到達しうるかぎり最高の健康な生活を送れる」よう、診療・看護・介護に取り組んでいます。

当院は、併設の老人保健施設きんもくせい庄和や居宅介護支援事業所とも連携し、訪問診療や訪間看護など在宅医療に取り組むとともに、地域包括ケア病床の開設や「在宅療養支援ベッド」を確保することによって「地域完結型医療」の一翼を担う医療機関として地域包括ケアを支えています。当院は、地域の皆さんが「住み慣れた地域で、自分らしい生活を人生の最後まで続けられるよう」サポートしていける病院づくりにも取り組んでいきます。

庄和中央病院 院長:前田 剛